インフラエンジニアの資格以外に必要なスキル

インフラエンジニアとして仕事をしている方の多くは、「少しずつでも、知識や経験を増やして、ステップアップしていきたい」と考えていると思います。そのため、仕事から帰ってきてからも、勉強をしている方が多いと思います。「せっかくなら、資格取得を目指そう」と資格へのチャレンジを考えている方もいると思います。しかし、ここで忘れてはいけないのは資格以外のスキル。
では、インフラエンジニアとして活躍するために必要となる、資格以外のスキルについて、ご紹介していきます。資格というのは、自分にとって自信にもなりますし、転職時にも有利になりますよね。そのため、資格取得はしておいた方が良いと言えます。しかし、資格取得ばかりを考えていると、他に必要なスキルを忘れてしまいます。インフラエンジニアとして活躍するためには、プラットフォームの構築から、ソフトウェアの導入やネットワークの設定などの知識も必要となります。また、トラブル対応が必要となることもありますから、ハードウェアについての知識も身に着けておくことで、より的確な対応を行うことが出来るでしょう。更に、プログラミングのスキルもあれば、より仕事の幅藻広げて行けるはず。「こんなに多くのスキルを身に付けなければいけないのかぁ」と思われる方も多いと思いますが、これだけのスキルがあればよりインフラエンジニアとしての活躍の場を広げることが出来るということ。インフラエンジニアの方は、スキルアップの為に資格取得に気持ちが行く方も多いと思いますが、仕事で必要となる様々な知識を身に着けておくことも大切。資格取得と同時に、これらの知識なども学んでいくことが出来れば、より活躍の場を増やせますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です