インフラエンジニアのシスコ技術者認定資格

インフラエンジニアとして経験を積んできた方の中には「今の自分を試すために資格にチャレンジしたい」と考えている方もいれば、「転職を考えているから今から資格取得をしておきたい」と考えている方もいるでしょう。しかし、いざ資格取得をしようと考えた時、「どういった資格を取得しておくと良いのだろう?」と思われる方も多いと思います。そこでインフラエンジニアの方におすすめの資格のひとつであるシスコ技術者認定資格についてご紹介します。インフラエンジニアの方が資格を取得しようとしたときにはベンダー系の資格がメインとなります。インフラエンジニアの仕事はネットワークやサーバー、OSといった幅広い知識が必要となりますから、これらの知識を身に付けているか確認するためにはシスコ技術者認定がおすすめ。試験は、3段階に分かれており、それぞれのレベルに合わせて受験することが出来ます。シスコ技術者認定は、年に何度といった試験ではなく、月曜から土曜まで、ほぼ毎日受験出来る試験となっていますから、それぞれのスケジュールに合わせて受験することが出来るのです。シスコ技術者認定の受験費用は16,000円となっており、試験時間は1時間から2時間。シスコ技術者認定の有効期限は、2年または3年と資格によって変わってきますので注意が必要。「これから資格取得をしたい」と考えているインフラエンジニアの方は、ぜひシスコ技術者認定の試験内容をチェックしてみて下さい。仕事をしていく上で、少しずつスキルアップして資格取得のランクを上げていくのも良いですよ。少しずつ、ランクアップしていくことが出来れば、自分の成長も分かりやすいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です