持っておきたいLPICの資格

IT専門職として活躍している方は、それぞれスキルアップを考えたり、転職を考えている方が多いと思います。その中には、インフラエンジニアとして活躍している方もいれば、「これから、インフラエンジニアに転身をしたい」と考えている方もいると思います。転職や転身、スキルアップを考えると、やはり資格取得を考える方が多いのではないでしょうか。
では、インフラエンジニアが持っておきたい資格のひとつ、LPICをご紹介しましょう。インフラエンジニアとして活躍するためには、ベンダー系の資格を取得しておくと有利になるでしょう。インフラエンジニアの仕事は、ネットワークやサーバー、OSなど、幅広い知識が必要となりますから、多種多様な資格がある資格を取得しておくと良いでしょう。そのため、シスコ技術者認定の資格はインフラエンジニアにとってはおすすめの資格となっています。LPICの資格は、それぞれのレベルに合わせて受験することも出来ます。認定レベルは、アーキテクト、エキスパート、プロフェッショナル、アソシエイト、エントリーといった5つの段階に分かれていますから、その時のレベルに合わせて受験をしていき、少しずつスキルアップをしていくのも良いでしょう。一つずつ段階を上げることが出来れば、やる気なども上がってくるはずですよ。LPICの資格は、世界最大となるLinux技術者認定資格となっていますから、どういった企業でも認められる資格となりますから、転職時や転身時にも有利になるはずですよ。
このように、インフラエンジニアの方はLPICの資格を取得しておくことで、様々な仕事へ役立てることが出来るでしょう。スキルアップを考えている方にとっても、レベルに応じて受験出来ますからモチベーションアップに繋がりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です